イヤイヤ期で消耗しない!2歳にピッタリの対応7選

2歳になるとイヤイヤ期がピークになり、心身ともに疲れていませんか?

2歳の子どもはまわりが何を言っても試しても「イヤ!」ということがありますよね。お母さんが大変なイヤイヤ期。実は第一次反抗期とも呼ばれ、子どもの成長に欠かせない事だというのはご存じでしょうか。

そこでこの記事ではイヤイヤ期の子どもをもつお母さんが心も体力も消耗しない対応の仕方を7つ紹介します。ぜひ実践して無理せずイヤイヤ期を乗り越えて下さいね。

どうして2歳頃からイヤイヤ期が始まるの?

1歳半頃から始まり、2歳頃にピークを迎えると言われているイヤイヤ期。魔の二歳児や第一次反抗期ともいわれていますよね。今までは泣いて主張するしかできなかった子どもが、言葉をつかえるようになり「イヤ」という言葉で自分の思いを通そうとします。イヤイヤ期の原因は「成長に向かってやりたいことは増えるのにできないことへのジレンマ」「寂しくて甘えたい・気にかけてほしい」など様々です。ただどれも決してワガママや悪意があるわけではありません。成長している証しなので、穏やかに見守っていきたいですね。

イヤイヤ期でイライラしちゃう私ってママ失格?

イヤイヤ期の子どもの育児をしている中で、子どもにイライラしたりママを辞めてしまいたいと思うのは当たり前のこと。母親と子どもは別人格です。人と人の関係なのです。「○○しなきゃ」「どうしてうちの子はできないの」「インターネットに書いてあることと違う」と完璧を求めるのはやめてください。子どもが元気に育っている、それだけで素晴らしいと思いませんか?子どもの事で悩み考えているあなたはとても素敵な母親ですよ。

試してみる価値あり!2歳のイヤイヤ期の対処法

イヤイヤ期は成長過程において必要なこと。ただのわがままではなく成長している証し。泣いてばかりだった子どもが言葉をつかって反抗しはじめる。それは嬉しいことだけれど、やっぱりこのイヤイヤにどう対応していいのかわからない。そんなお母さんのために、イヤイヤ期の対処法について紹介していきます。「イヤ」となんでもかんでも反抗するこどもにはどのように対応するのがいいのでしょうか。ぜひ読んで肩の力を抜いて、実践してみて下さいね。

しっかりと気持ちを受け止める

イヤイヤ期は子どもが気持ちを受け止めてもらいたい時期です。イヤイヤが始まったら、それができるできないに関わらず一度子どもの思いを受け止めてあげて下さい。できないこと、行けないことだった場合は「○○したかったんだね」と一度共感してから、できない理由を分かりやすく教えてあげて下さい。さらに、「これはできないけど、こっちはどう?」と選択肢を提示して子どもに選択させてあげるのも効果的です。つい「だめ」と言ってしまいがちですが、これを言うと子どもは自分の気持ちがお母さんに受け入れられてないと思い余計にイヤイヤがひどくなってしまいます。「だめ」を使うのは生命の危険がある時だけ。それ以外はまず、子どもの思いを受け止めてあげましょう。

できない時に叱らずできた時に褒める

2歳の子どもにはできなかったことをしかるより、できたことを褒めてあげたほうが効果的です。大人ならば「このあと美味しいご飯が食べられるから仕事を頑張ろう」と未来を予測して行動することができます。しかし子どもの場合は「これが我慢できたら○○あげるよ」という未来を予測して我慢をするという事が苦手なので通用しにくいのです。なので、我慢が出来たらたくさん褒めてあげて下さい。我慢したら褒められたという経験を繰り返すことで我慢ができるようになり、自分の感情もうまくコントロールできるようになってきます。しかし、なんでもかんでも褒めるのではなく子どものどこが良かったのかを子ども自身がわかるように褒めてあげましょうね。

どうしてイヤイヤするのか成長の観点で考える

イヤイヤ期は決して子どもに悪意があるわけではありません。言葉や感情が豊かになってくる2歳児。しかしまだ上手に伝えたり気持ちをコントロールすることが難しいです。豊かになってくる感情に対して言葉や身体が追いつかず、本人もどうしていいのかわからないだけです。「イヤ」という言葉の中にはたくさんの意味が込められています。「自分でやりたかったのに」「できるのに、そんなふうに言わないで」「今はこっちをやりたいの」。もう少し大きくなってくると「自分でやってみたい」「もうちょっと待って」と上手に伝えられるようになってきますよ。成長の過程なんだと捉えることができれば、お母さんのストレスも少し減るのではないでしょうか。

外でのイヤイヤには絵本やおもちゃを持ち歩く

イヤイヤ期真っ最中の2歳の子どもは長時間おとなしくしていることは難しいです。じっとしていられず、動き回ったり大きな声を出してしまったりもするかもしれません。でもだからといって、外出しないわけにもいかない時だってありますよね。やむを得ず公共の場に行かなければ・・・ということもあると思います。そういう時は子どもが好きなおもちゃや絵本を持ち歩きましょう。持ち歩くおもちゃは迷惑にならないよう、なるべく音の出ないおもちゃが良いですね。子どもが大好きで集中できるシールもおススメです。シールを貼るための台紙もお忘れなく。それでも飽きてしまうときは叱ってしまうと逆効果なので、抱っこして歩いてみたりいったん外へ出るなどして気分転換しましょう。

危険なことは致命的かそうでないかで考える

我が子に危険な行動をされるとお母さんもヒヤヒヤ。でもなんでもやってみたい時期の子どもの行動を制限するのは疲れるし困ってしまいますよね。でも、成長するために必要な危険もあるのです。走って転んで擦り傷を作ったり、前を見ないで歩いていてぶつかったり。これらの危険をなんでもかんでも「危ない!」と先回りして守っていては、子どもが自分で危険だと判断して回避したり加減する能力が育ちません。少しの危険で泣いたり怪我をしたりすることは、子どもにとって必要な経験なのだと思って見守っていきましょう。ただし、車道に飛び出したりとても高いところから飛び降りたりする行為は命に関わるのでなんとしても阻止する姿勢でいきましょう。

順番や場所など「いつも通り」を守る

モンテッソーリによると、イヤイヤ期は秩序をとても大切にする時期です。「秩序感」は生後数か月からみられ、2歳ごろにピークになります。あるできごとに、強いこだわりをもって全力で自分の力でチャレンジしていこうとする子ども。それに対して大人はそういうところに無頓着で場所も持ち物もなんでもいい、子どものやっていることが遅くて待てない。だから無理にやってしまおうとします。そうすると「なんでいつも通りじゃないんだ」と心穏やかではなくなりますます「イヤ」と反抗するのです。いつもと同じ場所、いつもと同じもの、いつもと同じ順番、そして自分でできる環境など子ども自身の秩序が乱されないように注意してあげると、イヤイヤ期からどんどん成長していくことができます。

イヤイヤしてても気にしない

子どものイヤイヤをどうにかしようと対応すると、それがお母さんの思うようにうまくいかなかったときますますストレスがたまってしまいます。ストレスの限界がくるまえに、子どものイヤイヤをちょっと放っておくくらい肩の力を抜いてみてください。少しぐらいご飯をたべなくても、家の中で洋服を着なくても、「イヤなのね、はいはーい」と少し放っておいてください。あと、部屋の中が汚くたって命に関わることはないので子どもが散らかしていても「あぁ、いっぱい散らかしてるなぁ」と見守っていてください。今日はもうなんでもいい日、と決めて一日イヤイヤに対応せず適当に過ごしてみてると、きっとお母さんの気持ちもきっと楽になると思いますよ。

まとめ

2歳児のイヤイヤ期で消耗しないための7つの対応の仕方を紹介しました。この時期を乗り切るには子どもへの対応以上にお母さんの心のケアが重要になってきます。イヤイヤ期というのは子どもに悪気があるわけではなく、成長していく過程でとても大切なものです。家事育児、なんでも完璧にこなそうとせずに肩の力を抜き、うちの子は今成長しているところなのねと見守ってください。そうすればきっと、お母さんの気持ちも晴れるはずですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました